メニュー
  • ニュース
  • アクセス

帯広・十勝VR散歩

十勝エリアは夏冬、昼夜の温度差が大きいことから農作物の生育に適しており、北海道の中でも特に大規模な農業が盛んな地域です。
北海道の田園風景と言ってイメージされるような広大な農地が広がっています。


VR散歩コントロールパネル VR Walk Control Pannel

  • カメラ調整

    カメラ調整
    MOVE CAMERA
  • 前/次のシーンへ

    前/次のシーンへ
    PREV / NEXT
  • サムネイル表示

    サムネイル表示
    THUMBNAIL
  • ゴーグル表示

    ゴーグル表示
    HEADSET MODE
  • 自動回転/停止

    自動回転/停止
    ROTATE / STOP
  • SNS共有

    SNS共有
    SOCIAL SHARE

幸福駅

幸福駅

旧国鉄広尾線の廃線とともに廃止となった駅です。
1973年にテレビ番組で紹介されたことをきっかけに、愛国駅から幸福駅行きの切符が「愛の国から幸福へ」のフレーズとともに大ブームになり、今もなお「恋人の聖地」として多くの観光客が訪れています。

幸福駅公式ホームページ


愛国駅

愛国駅

幸福駅と並んで縁起の良い地名として取り上げられ、全国的なブームになった観光地です。
現在は帯広市によって「愛国交通記念館」として整備されており、ここでも「愛国→幸福」の乗車券のレプリカが販売されています。

おびひろ観光ナビ


糠平湖

糠平湖は昭和30年に建設されたダムによってできた人造湖です。
北側にあるタウシュベツ川橋梁は旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群を代表するもので、湖の水位によって姿を現したり隠れたりするため「幻の橋」と呼ばれています。

上士幌町観光協会


タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁

かつて石炭の輸送に使われていた旧国鉄士幌線の橋梁です。
6月ごろから湖の水位が上がり始め10月には完全に湖の中に水没することから「幻の橋」と呼ばれています。
極寒の中結氷した糠平湖の氷を割って再び姿を現すのは、ダムの水量が減り始める1月ごろです。
タウシュベツ川橋梁は近年崩落が進んでおり、近々完全に姿を消すことが予想されています。

上士幌町観光協会