メニュー
  • ニュース
  • アクセス

札幌・定山渓VR散歩

札幌市は言わずと知れた北海道一の大都会です。
北海道の空の玄関口「新千歳空港」電車で約40分ほどで、さらに札幌から道内各地へと移動することができます。
さっぽろ雪まつりをはじめ、多くのイベントや観光スポットが集中しています。


VR散歩コントロールパネル VR Walk Control Pannel

  • カメラ調整

    カメラ調整
    MOVE CAMERA
  • 前/次のシーンへ

    前/次のシーンへ
    PREV / NEXT
  • サムネイル表示

    サムネイル表示
    THUMBNAIL
  • ゴーグル表示

    ゴーグル表示
    HEADSET MODE
  • 自動回転/停止

    自動回転/停止
    ROTATE / STOP
  • SNS共有

    SNS共有
    SOCIAL SHARE

秋の札幌市

秋の札幌市

北海道政経の中心であり北海道一の観光都市でもある札幌市は年間を通してさまざまなイベントが行われ、常に見どころにあふれています。
とりわけ夏は避暑地として、また冬は世界的な雪の祭典を目的として国内外から非常に多くの観光客が訪れますが、秋になると大通公園をはじめ各所で紅葉が見られ、この季節特有の澄み渡った空気とともに情緒あふれる街並みが楽しめます。

ようこそさっぽろ


札幌市時計台内部

札幌市時計台

時計台は正式名称を「旧札幌農学校演武場」といい、もともとはクラーク博士が札幌農学校の生徒のために建てた兵式訓練施設でした。
かつて母国アメリカの南北戦争で多くの教え子を亡くしたという体験から、有事を見据えた強い体力を養う目的で授業を行っていたようです。

札幌市時計台


さっぽろホワイトイルミネーション

さっぽろホワイトイルミネーション

さっぽろホワイトイルミネーションは日本三大イルミネーションにも選ばれた北海道を代表する冬のイベントのひとつです。
1981年の第一回から徐々に規模を拡大し、現在は大通公園、札幌駅前通、南1条通で開催されています。
また大通公園会場ではドイツ・ミュンヘン市との姉妹都市提携30周年を記念して2002年から始まった「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が同時期に開催され、イルミネーションによる光の絶景と合わせ雪まつりに次ぐ札幌の冬の祭典を楽しむことができます。

さっぽろホワイトイルミネーション


北海道大学イチョウ並木

北海道大学イチョウ並木

北海道大学構内の約380mに渡って続くイチョウ並木です。
イチョウ並木は車道になっていますが、例年の「北大金葉祭(こんようさい)」の日は交通規制が敷かれる一般開放日となっており、夜間のライトアップも楽しむことが出来ます。

北大金葉祭


国営滝野すずらん丘陵公園

国営滝野すずらん丘陵公園

札幌市中心部から約20kmに位置する道内唯一の国営公園です。
グリーンシーズン(夏)とホワイトシーズン(冬)が設けられ、シーズンの切替時を除き通年利用が可能です。

国営滝野すずらん丘陵公園


平岡樹芸センター

平岡樹芸センター

平岡樹芸センターは札幌市清田区にある様々な種類の庭木が植えられた公園です。
もともとは北国に合う庭木の見本園として日本庭園や西洋庭園を整備した庭園で、四季ごとに様々な表情を見せる樹木を楽しみながら29,000㎡の敷地を散策できます。
また札幌市に3ヶ所ある「都市緑化植物園」のひとつでもあり、庭木の相談所や図書コーナー、展示室、講義室などの施設を併設しています。

平岡樹芸センター


札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社は、その名の通り京都の伏見稲荷大社から勧請している神社です。
入り口から27本の大きな鳥居が並んでおり、一年を通して絶えず参拝客が訪れています。


定山渓

定山渓

「札幌の奥座敷」とも言われ、札幌市中心部から車で1時間弱と気軽にアクセスできる温泉地です。
56ヵ所の泉源から約60℃~80℃の温泉が毎分8,600リットルも自然湧出しており、1866年に修験僧の美泉定山(みいずみじょうざん)が湯治場を築いたことが発祥です。
温泉地、観光地としてのほか、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色とそれぞれの季節で異なる表情を見せる景勝地としても高い人気を誇ります。

定山渓観光協会


定山渓ダム

一級河川小樽内川に建設されたダムで、堤高では北海道2位となる117.5mの重力式コンクリートダムです。
ダムによってできた人造湖はさっぽろ湖と呼ばれ、4つある展望台のうち第一展望台から定山渓ダムを眺めることができます。

定山渓観光協会


豊平峡ダム

豊平峡ダム

一級河川豊平川に建設された堤高102mのダムで、道内では2基しか無いアーチ式コンクリートダムのひとつです。
北海道屈指の紅葉スポットとして知られるほどの絶景を誇り、札幌の奥座敷と称される定山渓温泉にも近いことから、毎年多くの観光客が訪れています。

豊平峡オフィシャルサイト


さっぽろ雪まつり

国内外からおよそ200万人の観光客が訪れる北海道最大規模のイベントのひとつで、カナダ、中国と並ぶ世界三大雪まつりのひとつでもあります。
今では定番となっている大雪像が初めて登場したのは1953年の第4回開催時で、地元の高校生が高さ15mもの雪像「昇天」を作りました。

さっぽろ雪まつり公式サイト


北海道庁赤れんが庁舎

明治21年に北海道庁の本庁舎として建設された、アメリカンネオバロック様式の建物です。
旧開拓使本庁跡とともに国の史跡に指定され、また昭和44年には国の重要文化財に指定されています。

ようこそさっぽろ


北海道神宮

北海道札幌市中央区、円山公園に隣接する神社です。
旧官幣大社であり、現在は神社本庁の別表神社となっています。
また末社である開拓神社には間宮林蔵など北海道開拓の功労者が数多く祀られています。

北海道神宮


大倉山ジャンプ競技場

札幌市中央区にあるスキージャンプの競技場(ラージヒル)で、昭和47年の札幌オリンピックでスキージャンプ競技が開催された場所でもあります。
頂上の大倉山展望台からは札幌市内が一望でき、また大通公園のほぼ直線上にあるため、日没の早い冬期には真っ直ぐにのびる大通公園の夜景を見ることができます。

札幌大倉山展望台