メニュー
  • ニュース
  • アクセス

知床・網走VR散歩

知床は2005年に世界自然遺産に登録されて以来、エコツーリズムの聖地として世界的にも注目を集めている自然観光地です。
また2月中旬から3月上旬にかけては流氷がよく見られ、流氷観光砕氷船「おーろら」の船上から眼下に流氷を望む絶景ツアーも人気があります。


VR散歩コントロールパネル VR Walk Control Pannel

  • カメラ調整

    カメラ調整
    MOVE CAMERA
  • 前/次のシーンへ

    前/次のシーンへ
    PREV / NEXT
  • サムネイル表示

    サムネイル表示
    THUMBNAIL
  • ゴーグル表示

    ゴーグル表示
    HEADSET MODE
  • 自動回転/停止

    自動回転/停止
    ROTATE / STOP
  • SNS共有

    SNS共有
    SOCIAL SHARE

ウトロ

ウトロVR散歩

知床峠を挟んだ羅臼町とともに知床の観光拠点となっており、道の駅や知床世界遺産センターといった施設があるほか、ウトロ港からは観光遊覧船が出ており、海から知床の手付かずの自然の絶景を見ることができます。
また流氷や夕日の名所としても知られています。

知床世界遺産センター


オシンコシンの滝

オシンコシンの滝VR散歩

日本の滝百選にも選ばれている、幅30m落差50mの大瀑布です。
名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生する場所」を意味する「オ・シュンク・ウシ」から転じたものです。

斜里町観光協会


知床五湖

知床五湖VR散歩

知床の原生林の中にたたずみ知床連山を眺望する5つの湖です。
数多くの野生動物が生息し、ヒグマの爪痕やクマゲラの食痕など、知床の自然をそのまま感じることができます。

知床五湖


相泊

相泊VR散歩

相泊は羅臼から知床半島の突端に向かう道の終点となっており、ここから先は人が立ち入らない原生林になっています。
相泊の中を流れる相泊川では8月下旬から10月中旬にかけてカラフトマスの遡上を見ることができます。

Wikipedia


カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝VR散歩

知床半島のほぼ中央に位置する活火山を源流とするカムイワッカ川に掛かる滝で、川に温泉が流入しているため滝そのものが天然の温泉となっています。
かつてはどの滝壺にも自由に入浴ができましたが、落石や転落の危険があるため現在は一番下の「四ノ滝」のみ立ち入り、入浴が可能です。

知床自然センター


知床峠

知床峠VR散歩

斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ道路の頂上、知床連山の尾根筋にあたる絶景の峠です。
羅臼岳の紅葉や、北方領土の一つである国後島もここから見ることが出来ます。

斜里町観光協会


瀬石

瀬石VR散歩

明治32年に発見された温泉で、岩礁から71度のナトリウム塩化物泉が湧き出ています。
満潮になると海に沈むため、入浴可能な時間は限られています。

瀬石温泉


網走

網走VR散歩

網走を代表する観光スポットの博物館網走監獄では当時の建物がそのまま保存され、北海道開拓の歴史を知ることができます。
また近くにある広大な敷地を持つ「北海道立オホーツク公園」の中には、キャンプ場のほか「オホーツク流氷館」や「北海道立北方民族博物館」などの施設が点在しています。

網走市観光協会